お金の話

お金もガラクタも“溜め”てはいけない/前半編

貯金方法

 

Yさんから

お部屋もスッキリですが、思考もスッキリされていて
毎日の更新を楽しみにしてます。

お子さまかいらっしゃるのですね~
親近感かわきました。
メインのクローゼットも拝見したいです。

お金を循環させるというのが、私は上手くいかないのですが
その辺りを教えて戴きたいです。

 

とメッセージを頂きましたので、

きょうはお金の話をしますね。

 

お金は、ガラクタと一緒でただただ溜め込めばいいというものではありません

貯めるためには溜め込まず

まわすことをイメージしてください。

 

わたしがいつでも欲しい不動産を買えるように心掛けていることを

ご紹介します。

 

きょうは前半編の5つです。

 

 

 

1.お金のことが大好きになる

 

スピリチュアル系サイトでよく見かける言葉ですが

これは事実です。

 

わたしは周りに「お金が大好き!」と公言しています。

 

なので、

フリーランスの仕事も持っていますが

ギャランティの交渉はきっちりします。

 

依頼を受けたときに

「ギャランティはおいくらですか?

それによって引き受けられるか引き受けられないか判断させていただきます。」と

言います。

 

それで引かれることもあるかもしれませんが(わたしは経験ありません。)

お金儲けの真髄をわかっている方は引きません。

 

引くようなタイプの方はお金儲けが得意な人ではないので

離れていっても仕事上問題はありません。

 

逆に自分が依頼するときも価格を聞いてからお願いします。

 

値切るのではありません。交渉です。

 

 

 

2.消えてなくなる物には2種類ある

 

①洗剤や化粧品などの消えてなくなる物は消耗品なので

 普通に購入すればいいですが、

 やみくもに買うのではなく

 ポイントカードを持つドラッグストアやスーパーは1軒に絞ったり

 ネットサイトも1か所だけで購入し割引率を上げています。

 

 安く買える日以外絶対に買い物をしないことも決めています。

 

②自分が癒されるために生活をグレードアップするための費用は

 ルールを作ります

 

 わたしはあまり背も高くなく細いので

 新幹線のグリーン車は必要ありませんが、

 家族が乗る時はグリーン車をケチらず用意しますし

 飛行機は飛行時間によってエコノミーは乗りません。

 

 

 

3.物は出口を考えて買う

 

一生ものの買い物”なんて言葉がありますが

“一生かけて履くパンツ”も“一生かけて座るソファ”もありません。

 

  • いずれ引っ越しするとき
  • いずれ子供が成長したとき
  • いずれ家族が減ったとき
  • いずれ家族が増えたとき
  • いずれ結婚したとき
  • いずれ動物が壊したとき
  • いずれ足腰がたたなくなったとき
  • いずれ死ぬとき

生活を変える必要がくるときは必ずあります。

 

そんなときに買い替えたい何かが

  • ただのごみになるのか
  • リサイクルできるものになるのか
  • 換金できるものになるのか

を考えて

買い物をします。

 

ちょっとお高い30万程の家具は1万円にもならないでしょう。

 

そういった類の物は見栄を張らず

自分に合ったもので済ませます。

 

人間は必ず死ぬのですから

最終的には絶対に不要になる物に執着し過ぎて

お金に苦労する人生や

ごみを生産して環境を汚染するような生活はしたくないと決めています。

 

20代の頃は高級ジュエリーをお金を貯めては買っていましたが

出口を考えて購入しているので

不要になった時は換金できました。

 

その代わりインポートショップでついでに買ってしまった

指輪やネックレスは全部ごみになりました。

 

そして、ファストファッションの洋服も全部ウエスになりごみになりました。

 

中学2年生のときに買ったシャネルのベストは未だに着ています。

 

 

 

4.お給料で買い物をしない

 

稼いだお金はすぐ使いたくなる人が多いようですが

お給料はわたしは使うものとは思っていません

 

一旦貯めて大金にしてから使うものです。

 

なので、お給料の7割は自動積立にまわしています。

 

40万円給料があったとしたら27万くらいは貯金に。

 

残りのお金も全部使いません。

 

余ったお金はよけておいて

固定資産税や子どもの保険料の支払い用に貯めています。

 

みなさん社会人になってというより

お金を稼ぐようになってもう長いですよね。

 

稼いだお金を嬉しがってすぐ使うという習慣は

もう飽きてやめるべきです。

 

そして、買い物は余剰金でするものという概念に切り替えることが必要です。

 

 

 

5.見栄を張ること以外で自分の存在価値を認められるようになる

 

自分は高級な物に身を包んで

羨ましがられているつもりになっているかもしれませんが、

羨ましがるような人とは魂の付き合いはできないです。

 

わたしの周りもそうです。

 

見た目で判断するような人は

生きる術として付き合うことはありますが

心のつながりは持っていません。

 

 

以上,、お金とガラクタは“溜め”てはいない/前半編を

お届けしました。

 

近いうちに後半編をお届けしますのでお楽しみに。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村

お金もガラクタも“溜め”てはいけない/前半編” への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中